熱中症対策グッズは首に巻くネッククーラーがおすすめ

熱中症対策は、ネッククーラーなどのグッズで首を冷やすと効果的という話を聞いたことはありませんか?頭と体をつなぐ首には、太い血管が通っています。この血管を冷やしてあげると、脳へ流れる血液の温度が下がり、脳が持つ体温調節機能を正常に保つことができます。

熱中症対策のために水分や塩分などを補給しても、汗をかかなければ体の中に溜まった熱を外に逃がすことができず、体温がどんどん上昇して熱中症のリスクが高まります。

ですから、首などの太い血管を冷やし、血液の温度が上昇するのを防ぐことは、発汗作用を十分に機能させ、熱中症を予防するのに効果的な対策です。

旅行やキャンプ、花火に海水浴・・・アウトドアで楽しいことが盛りだくさんの夏。熱中症対策に効果的な、首に巻くグッズ(ネッククーラー)を活用して暑い夏を元気に乗り切りましょう。

スポンサーリンク

なぜ首を冷やすとが熱中症の対策になるのか

首を冷やすことに、熱中症対策の効果は期待できるのでしょうか。

ネッククーラーなど、首を冷やすグッズはいろいろな種類が販売されていますし、使っている人もたくさんいます。

僕もこれまで、漠然と「涼しくなりそうだし、良さそうだなぁ〜」と思ってネッククーラーを使っていましたが、この記事を書くにあたって調べてみました。

体は体温を一定に保とうとする

私たちの体は体温を一定に保つため、寒い時は体の中から熱が外へ逃げないよう、皮膚表面の毛穴がキュッとしまります。

反対に暑い時は、毛穴が開き体内の水分を蒸発させることで、体温を下げようとします。

汗をかいた体に風が当たると涼しいですよね。

これは、汗という水分が皮膚表面から蒸発する時に熱を奪っていくからです。(気化熱の原理

もし、体温が一定の範囲内に保たれないと体の臓器がダメージを受け、命の危険にさらされます。

体温上昇を防ぐカギは脳にあり

こういった体の働きは、私たちが意識しなくてもが判断して自動的にやってくれます。

僕も自分の毛穴を手動で開けたり閉めたり、汗を出力させたことはありません。

体内の温度を脳が感知して、汗を出すよう皮膚に指示を出しているのです。

ところが、あまりにも暑くて脳の体温調節機能が正常に働かなくなると、出るはずの汗が出てこなくなり、上昇している体温がさらに上昇してとても危険な状況になります。

ですから、脳が暑さで機能不全に陥らないよう、首の血管を冷やして脳へ流れる血液の温度が上昇しないようにすることが大切です。

首を冷やすことだけが熱中症対策の全てではありませんが、こうした体の機能を正常に動作させるためには、とても効果的な方法です。

参考

首を冷やす方法

では、熱中症を予防するための対策として、どのような方法で首を冷やしたら良いのでしょうか。

僕が実際に試してみた方法をご紹介します。

濡らしタオルを首に巻く

簡単な方法は、家にあるタオルを水で濡らして首に巻きつけること。

使うタオルはどのようなものでも構いません。

タオルに含まれた水分が蒸発しやすい、薄手の生地が良いでしょう。

大きくて厚手のバスタオルを使うのは、あまり現実的ではありません。

メリット

  • 簡単にできる
  • お金がかからない
  • 顔の汗を拭える

デメリット

  • 見た目が格好悪い
  • かさばる割には首に触れる面積が小さい
  • 首が重たく感じる
  • 水分がすぐに乾いてしまう
  • 洗濯物の生乾きのニオイがする

保冷剤を首に巻きつける

これは、濡らしタオルを首に巻く方法の進化バージョンです。

ケーキやアイスクリームを購入すると、お店の人が箱の中に入れてくれる、小さな保冷剤がありますよね。

あれをタオルやスカーフで包んだものを首に巻きつける方法です。

メリット

  • 冷たくて気持ちが良い
  • お気に入りのスカーフでおしゃれに演出できる
  • お金がかからない

デメリット

  • 保冷剤が溶けると首を冷やすどころか汗の蒸発を妨げてしまう
  • 溶けて生ぬるくなった保冷剤の処理に困る
  • 保冷剤の位置がズレやすく、常に姿勢を気にしていないといけない
  • 首が重たく感じる
  • 凍っている予備の保冷剤の持ち歩きに困る(荷物が増える)

ネッククーラーを首に巻く

保冷剤を使わずに、水を含ませて首に巻くタイプのネッククーラーを使う方法です。

ネッククーラーは、首を冷やすことだけに特化した商品だけあって、見た目も使い心地も快適です。

熱中症対策のために首を冷やしたいけれど、タオルを首に巻くのは見た目がちょっと・・・

保冷剤はすぐに溶けて生ぬるくなってしまうんだよなぁ・・・

体につけるものだから、衛生的なものがいいよね・・・

・・・と考えている方は、ぜひネッククーラーを首に巻くことをおすすめします。

メリット

  • 豊富なデザインがあり、その日の服装に合わせて選ぶ事ができる
  • 水を含ませて首に巻くだけの簡単装着
  • かさばらず、首に触れる部分の面積が大きく無駄が少ない
  • 軽いので首が重たく感じない
  • 水で濡れている間は効果が持続する
  • 冷却効果がなくなったら、また水で濡らせば良い
  • 抗菌防臭素材を使用したネッククーラーなら衛生的で臭わない
  • 使わない時は小さく折りたたんでしまっておける

デメリット

  • お金を出して買わないといけない
  • 種類が豊富すぎて、どれを買おうか迷ってしまう
  • 衣装にこだわる人は、何種類か用意しておく必要がある

ネッククーラーを使用した感想

僕が購入して使っているネッククーラーの感想と、その使い方をご紹介します。

購入動機

ネッククーラーを購入したのは、今から3年くらい前になるでしょうか。

その当時は、まさかブログで紹介するとは考えていなかったので、製品を作っているメーカー名や値段、どこで購入したのか忘れてしまいました。

ただ、そんなに高い値段ではなかったという印象は残っています。

それはさておき、ネッククーラーを買おうと思った理由は、社員旅行へ行く時に使いたかったからです。

勤務先では毎年、社員旅行へ連れて行ってくれます。

社員旅行の時期は、だいたい決まっていて、毎年7月の土日に行きます。

そうです。梅雨時で湿度も高く、大変蒸し暑い時期なのです。

しかも、だいたい屋外で散策している時間が長いという・・・

こりゃたまらん!

個人的な旅行だったら、ぜひ避けたい時期ですが、会社の行事ですので参加しないわけにはいきません。

ちょうど「熱中症」という言葉も頻繁に聞くようになっていたので、自分の身は自分で守ろう!ということで購入しました。

選ぶときのポイント

ネッククーラーを選ぶ際にポイントにしたことは、次の3つです。

シンプルで丈夫なデザイン

観光地を汗だくになりながら歩き回るので、奇抜なデザインは避け、シンプルで頑丈なデザインのものにしようと思いました。

屋外で長時間使うのに適している

保冷剤を使うタイプだと、保冷剤が解けた後、急に暑く感じるのでは?と思ったので、水を含ませて、その水が蒸発する時の気化熱で冷やすタイプにしました。

気化熱の原理を利用したネッククーラーは、首に触れている部分の水が乾いてきたら、また水で濡らせば効力が復活します。

旅行の行程中、冷たい滝の水を含ませて首に巻いた時は、とても冷たく最高に気持ち良かったです。

メンテナンスが簡単

ネッククーラーでメンテナンスが面倒なものは、あまりないと思いますが、使った後はサッと洗うだけで済むものがいいです。

購入したネッククーラーはこちら

僕が購入したネッククーラー

写真が全体的に暗く写っているのは悪しからず・・・。

いやぁ、爽やかな青色で、見るからに涼しそうですよね。

ネッククーラーを広げる

広げるとこんな感じ。

首に触れる部分(中央部)は生地が厚く、しっかりと水を吸収する事ができます。

首の後ろから横まで、しっかりフィットします。

Yの字にヒラヒラっとなっているところは、ネッククーラーが落ちないよう、首の前(胸元)で縛る部分です。ここは直接肌に触れないので、薄手の生地になっています。

濡らしたタオルと違い、無駄な部分がありません。

ネッククーラーを側面から見たところ

側面から見ると、こんな感じ。

ネッククーラーの縫い目

縫い目もしっかりしています。

ネッククーラーの水を含ませる部分

はい、これが首を冷やす部分とそうでない部分の差ですね。

生地の厚さが全然違います。

ネッククーラーの使い方

それではここで、ネッククーラーの使い方を簡単にご説明しましょう!

取り出す

ネッククーラーを使うために取り出す

お手元にネッククーラーをご用意ください。

水に浸ける

ネッククーラーの吸水部分を水に浸ける

ネッククーラー全体を水に浸してもかまいません。

写真を撮影するために、わざわざこういうやり方をしていますが、通常は水道の蛇口から水を流して、直接水をつけます。

絞って水を切る

ネッククーラーに吸水させたら余分な水を絞る

軽く絞って、余分な水分を落とします。

首に巻く

ネッククーラーを首に巻く

こんな感じでネッククーラーを巻きつければ、首全体をまんべんなく冷やす事ができます。

ネッククーラーは使い終わったら干して乾燥させる

使い終わったら、サッと水で洗ってハンガーにかけておけばOK!

割と早く乾くので、次の日も臭いません。

汚れが気になる場合は洗濯機で丸ごと洗うこともできます。

おすすめのネッククーラー

ネッククーラーの購入を検討されている方は、こちらのおすすめポイントを参考に選ばれるといいと思います。

おすすめポイント

  • 作りが丈夫である
  • 飽きのこないデザイン
  • 首にぴったりフィットする
  • 冷却効果が長時間持続する
  • メンテナンスが簡単で衛生的

・・・というわけで僕が欲しいと思っているネッククーラーはこちら!

  1. マジクール(MAGICOOL) フィット ネッククーラー 抗菌防臭 熱中症対策

    マジクールは抗菌防臭加工の水を含ませるだけのネッククーラー

    サイズ:約(縦)5cm×(横)56cm
    生地:綿100%
    面ファスナー:ナイロン100%
    内容物:特殊吸水ポリマー、抗菌性ビーズ(PP)
    製造国:韓国

    ■安全性試験
    皮膚刺激・安全性パッチ試験
    皮膚への刺激がないことをパッチテストという試験を行い確認しております。(男女、年代別で実証済)

    ■ホルムアルデヒド及び防腐剤 非含有安全性試験
    防腐剤不使用、ホルムアルデヒドも未検出です。

    ■染色堅牢度試験(生地の色移り安全性)
    当社のマジクールはクールスカーフ専用に厳選したコットン100%を使用し染色工程においても、日本のアパレル基準を満たしております。染色堅牢度試験において、濡れた状態でも色移りしにくい事を確認済です。

    ■モノマー残留量 安全性試験
    皮膚への刺激が心配されるモノマー残留も未検出です。

    マジクールに使用している綿生地は糸に乱れが少なく、非常に精細です。この精細な織が肌との密着面積を増やし、より効果的にヒンヤリ感を得ることができます。超微細吸水ポリマーとこの厳選コットンの採用により、圧倒的な冷感を実現しています。ヌルヌル感が無く、着け心地の気持ちよさもこだわっています。

    綿は一般的に「肌触りが良い」とされていますが、それは単に布を触る場合です。ネッククーラーとして「冷たさ」「肌触り」を考慮する場合は、通気性やポリマーの質なども考慮に入れてベストな生地を選択する必要があります。