クールビズはボタンダウンのワイシャツとVネックのインナーで決まり!

クールビズといえば、やはり注目されるのは服装ですよね。冷房時のエアコン設定温度を抑えつつも、快適に働こう!というクールビズ。

年々、カジュアル化も進んでいるようですが、オフィス内での軽装の基本はワイシャツにノーネクタイ。見た目も体も心もクールにキメて、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

ノーネクタイ

クールビズという言葉を聞くと「ノーネクタイ」を連想される方も多いのではないでしょうか。

実際、ネクタイを外すだけで、体感温度が2℃も下がると言われています。

なので、毎日ネクタイを締めてお仕事をされている方は、ノーネクタイにするだけで随分と快適にオフィス内で過ごすことができます。

とはいえ、襟元がだらしないと見た目の印象が良くないばかりか、その姿を見ている人が暑苦しく感じてしまいます。

軽装(ラフな格好)にするけれども、周囲の人に不快感を与えないようにするのがクールビズの着こなしで大切なことです。

ワイシャツは襟元が崩れにくいボタンダウンにするなど、ノーネクタイでも清潔感があり、できればオシャレに見えるようにしたいものです。

訪問先によっては、クールビズ期間中でもネクタイの着用が望ましいケースがあります。いつでもネクタイを締めることができるよう、カバンの中に忍ばせておくとよいでしょう。

ワイシャツ

ノーネクタイでジャケットも羽織らないスタイル・・・となると目に付くのはやはりワイシャツ

第一ボタンを外しても、爽やかな印象を与えたいですよね。

クールビズは、実はあなたの爽やかさを売り込むチャンス(イベント)でもあるのです。

着こなしと選び方のポイント

シワを伸ばす

ワイシャツはアイロンをかけてシワ伸ばす

爽やかなシルエッットのジャケットを脱いだら、シワシワのワイシャツだった・・・ということでは、相手から見た印象が良くありませんよね。

営業マンだったら、取引に悪い影響を及ぼすことにもなりかねません。

そうならないよう、ワイシャツを洗濯したら、すぐにシワを伸ばして干しましょう。

もちろん、アイロンがけも忘れずに。

夏の暑い中、ひたすらアイロンをかけるのが苦痛だという方は、強力なスチームをワイシャツの生地に噴射してシワを伸ばすものもありますので、この機会に用意してみてはいかがでしょうか。

みそカツ男子

ノーアイロンでもシワになりにくい形状記憶のワイシャツも、いいね。

襟を立てる

ワイシャツは頻繁に洗濯をするので、だんだんくたびれてきます。

ネクタイを締めている時にはそれほど気になりませんが、いざノーネクタイにしてみるとワイシャツの襟が横にダラ〜ンと広がり、浮いてしまいます

その流れで、商談や仕事もダラ〜ンとなってしまうといけませんので、ワイシャツはしっかりと襟が立つものを選びましょう。

手っ取り早いのは、ボタンダウンシャツを着ること。

ノーネクタイで第一ボタンを外しても襟が広がったり、浮くことがないのでおすすめです。

生地の色はが淡色系にする

暑い夏に、濃い色のワイシャツはやめましょう。

見た目に暑苦しく、襟元や脇の汗じみも目立ちます。

おすすめは白や水色、ピンクもいいですね。

個人的には白い生地にチェック柄が好きです。

インナーはVネックにする

せっかくクールにきめたのに、ワイシャツの襟元から下着がチラッと顔をのぞかせていたらどうですか?

一気にダサくなりますよね。

また、涼しさという点でも少し損をしているように思います。

ですから、ノーネクタイでワイシャツを着る時は、Vネックのインナーを着るようにしましょう。

インナーの色がワイシャツの上から透けて見えないよう、白色がおすすめです。

体型に合わせる

これは大事ですね。

体のサイズに合っていない、ピチピチやダボダボのワイシャツはクールではありません。

あらかじめ自分の首回りや肩幅、胸囲などを把握しておきましょう。

自分の体のサイズがよくわからないという人は、紳士服店できちんと採寸してもらっておくと良いですよ。

この記事は、以前に投稿した「クールビズ期間の節電方法と快適な着こなしについて調べてみた | みそカツ男子のそこがミソ」を読みやすく分割したものです。