クールビズの目的” width=

クールビズの目的は地球温暖化対策の一環として節電に取り組むこと。地球温暖化の原因となる温室効果ガスは、発電する時にたくさん発生します。地球の将来のために、目的意識を持ってクールビズに取り組みましょう。

きしめん女子

最近、暑い日が多いわね。
今年もクールビズの期間に入ったのだけれど、どこの部署もあまり意識していないみたいだわ。
みんなが急にエアコンを使い始めたからなのか、こないだ社長に呼ばれて「クールビズを徹底させるよう、総務から社内通達を出しなさい」って言われちゃったの。
でも、いったい何をどう伝えたらいいのか、よくわからないわぁ。
あと、手羽先課長のワイシャツのシワも気になるし・・・

みそカツ男子

やぁ!きしちゃん。
何か悩んでいるようだねぇ。ひょっとして、クールビズについて知りたいのかな?

きしめん女子

あら、みそカツ先輩!
そうなの、クールビズっていう言葉はよく聞くのだけれど、そもそも、どういう意味なのかしら・・・

みそカツ男子

そうだねぇ・・・
クールビズというと、涼しくオシャレな格好・・・というイメージが先行するんだけれど、実は異常気象などの原因になる「地球温暖化」を防止するための対策のことなんだよ。

きしめん女子

ふ〜ん

みそカツ男子

地球温暖化には温室効果ガスが深く関わっていて、その排出をできるだけ抑えるために、少しでも節電することが大切なんだ。

きしめん女子

まぁ!そうなのね。
じゃあ、あたし達が働いているオフィスでも、なるべく電気を使わないようにしないといけないわね。

みそカツ男子

その通り!
オフィスで働く人が、快適さを維持しながらも、上手に節電に取り組むことがクールビズなんだ。もちろん、オフィス以外の場所でも節電は大切だけどね。

きしめん女子

そうだったのねぇ〜
じゃあ、具体的にどうしたらいいのか、知りたいわ(^-^)

スポンサーリンク

地球温暖化対策としての節電

クールビズは地球温暖化対策の一環として、温室効果ガスを削減するために、冷房時の室温を28℃にしてもオフィスで快適に仕事をすることができるようにする取り組みのことで、平成17年(2005年)にスタートしました。

地球温暖化とは、地球の平均気温が上昇すること。

地球の平均気温が上昇すると気候そのものが変わってしまい、自然災害の増加や感染症の拡大など私たちの暮らしを直接脅かすことが発生するであろうと予測されています。

地球温暖化が進む大きな原因のひとつに温室効果ガスの増加があげられます。

温室効果ガスは、私たちの暮らしを支えている「電気」を発電する時にたくさん発生します。

ですから、エアコンの使用など、みんなが電気をたくさん使う夏にこそ節電することが大切です。

毎年、環境省からは、クールビズの期間中にオフィスで快適に仕事をすることができるよう、勤務時の服装やオフィス内の室温上昇を抑えるためのアイディア、効果的なエアコンの使い方など、さまざまな工夫が提案されています。

クールビズの目的は地球温暖化を防止するため、節電によって温室効果ガスを削減すること

温室効果ガス

役割

地球の表面には大気という空気の層があり、その中には私たちの生命を維持するために必要な酸素の他にも、いろいろな種類のガスが含まれています。

大気に含まれているガスには、太陽光によって地球に入ってきた熱を宇宙空間へ逃がしにくくするガスも存在します。そのガスのことを温室効果ガスと言います。

温室効果ガスがあるおかげで、地球の平均気温は14℃に保たれています。

もし、温室効果ガスがなかったら、地球の表面は氷点下19℃にまで下がってしまい、私たちは生きていくことができません。

ですから温室効果ガス「そのもの」は、植物や動物が地球上で生きていくためには欠かせない存在なのです。

参考:温室効果とは – 気象庁

地球温暖化へ与える影響

ところが、大気に含まれる温室効果ガスの量が増えすぎると平均気温が上昇し、地球全体が暑くなります。

すると今まで氷の状態だった水が溶け、海面の上昇や洪水の発生につながりかねません。

他にも気候そのものが変化し、干ばつや森林火災、生態系の変化による感染症の流行や、異常気象などが起きるだろうと予測されています。

種類

温室効果ガスで注目されているのは二酸化炭素

二酸化炭素

地球温暖化に影響を及ぼす効果が最も高いガスは二酸化炭素。

他にもメタン、一酸化二窒素、フロンガスに温室効果があります。

発生要因

二酸化炭素は石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を燃焼させると発生します。

では、どんな時に化石燃料は燃焼されるのでしょうか。

火力発電所発電所

火力発電は化石燃料を大量に燃焼するため、温室効果ガスが発生します

日本国内で発電されている電力のうち、およそ9割が火力発電です。

火力発電には大量の化石燃料が使われるので、二酸化炭素も大量に排出されます。

自動車

自動車の排気ガスにも温室効果ガスが含まれています

若者のクルマ離れが増えてきているとはいっても、日本はまだまだクルマ社会。

限られた都市部を除けば、自動車がないと不便です。

なるべくガソリンや軽油、天然ガスの消費量が少ないエコカーに乗りたいものです。

森林伐採

二酸化炭素を吸収してくれる森林が伐採されることで温室効果ガスが増える傾向にあります

二酸化炭素を吸収し、私たちに必要な酸素を排出してくれる熱帯雨林などの森林は、農地を拡大するために伐採され、地球上から消えつつあります。

世界の森林面積は約40億ヘクタール(東京ドーム8500万個分)あり、陸地面積の3割程度を占めています。

この広大な森林が年間520万ヘクタール(東京ドーム110万個分)のペースで失われています。(1日あたり東京ドーム3000個分)

削減する必要性

このままいくと、100年後には18世紀(日本は江戸時代)に比べて平均気温が4℃上昇すると予測されています。

そうなると、多くの植物や動物が絶滅の危機に瀕し、安全な飲み水や食べ物の生産も危険にさらされることになります。

国際的には「地球温暖化の影響となんとか共存できるレベル」として、平均気温の上昇を2℃未満に抑えようという目標で、様々な取り組みがされています。

参考

この記事は、以前に投稿した「クールビズ期間の節電方法と快適な着こなしについて調べてみた | みそカツ男子のそこがミソ」を読みやすく分割したものです。