三十路は偉そうな奴と言われないために大切な2つの実践項目

三十路は偉そうな態度が言葉や行動に出るという噂が、まことしやかに囁かれている。なぜ三十路になると偉そうな態度をとるのだろうか。人から「おまえは偉そうだ」と言われれば、誰しも嫌な気持ちになるものだ。30歳という年齢的な節目を迎えた三十路たち。三十路が偉そうな言動をとってしまう本当の理由と改善策を探ってみよう。

スポンサーリンク

三十路になったら偉そうな人になりたいですか?

どうも、みそカツ男子です。

この記事をご覧になっているあなたは、30歳という人生の節目である「三十路」に差し掛かっていることだろう。

そして三十路を迎えることに対して、どこか重たい気持ちを抱いているというのが本音ではないだろうか。

中には「悪あがきをしてやるぜ!」と意気込んでいる人もいるかもしれない。

さて、あなたは三十路を目前にして家族や仕事のあり方、自分の人生そのものをどのように生きていこうか考えをめぐらし、いろいろな想いが頭をよぎるのではないだろうか。

あなたは三十路を境に、偉そうな人になりたいですか?

「はたち」は可愛く「三十路」は偉そう

なぜ急に「偉そうな」という言葉が出てくるのか不思議に思われたかもしれないが、それは10年前の「はたち」の頃と比べて、あなたの置かれている状況が少々違うということを認識していただきたいからだ。

はたち(20歳)の頃は、良いことすれば「若いのに偉いねぇ、さすが!」と褒めてもらえ、逆に失敗をしても「まだ若いから大丈夫!」と励ましてもらえたことと思う。

ところが三十路(30歳)ともなれば、状況は一変してしまう。

何か良いことをしても「あたりまえ」と思われて、褒めてもらえることはかなり少なくなる。

褒めてもらいたくて露骨に自分からアピールでもしようものなら、「あんた、三十路でしょ?そんなことくらいで偉そうな態度をとらないの!」と言われてしまいかねない。

また、失敗した時に口先だけの励ましはあるかもしれないが、基本的には自分で処理をしなければならない。

三十路だからと言って偉そうに格好をつけている場合ではないのだ。

なおかつ、仕事であれば自分の業務と並行して後輩たちの面倒も見なければならない。

時々、自分の失敗を棚の上にあげて、部下や後輩の指摘だけをするような人もいるが、そういうことをすると、いっぺんに信用を失い、口に出して言わないまでも「三十路のくせに偉そうだなぁ」と相手に思われてしまう。

さて、ここまで読むと「時間よ、止まれ!」と呪文をかけて、何とか歳をとらないように願いたいと思うかもしれない。

三十路の大台に乗ることは、偉そうで不幸の入口に立つことになるのだろうか。

もし、回避策があるとすれば、それは何だろうか。

きしめん女子

あたし、きしちゃん!


みそカツ男子

はいはい、きしちゃん、静かにしてねぇ。

三十路は本当に偉そうなの?

三十路が偉そうな態度をとるというのは、具体的にどのような状態のことを言うのだろうか

弟や妹の前で「あんた、お兄ちゃんでしょ!」と叱られるような勢いで「あんた、三十路でしょ!」と人から言われる三十路。

三十路は本当に偉そうな存在なのだろうか。

そもそも「偉そう」とはどういう状態のことなのか

国語辞典で言葉の意味を調べてみた。

【偉い】

1.普通よりもすぐれているさま。

  • A)社会的地位や身分などが高い。「会社の―・い人」
  • B)人間として、りっぱですぐれている。「苦労しただけあって、―・い人だ」

2.物事の状態が普通ではないさま。

  • A)程度がはなはだしい。ひどい。「今日は―・く寒い」「―・い混雑だった」
  • B)予想外である。ひどく困ったさまである。「―・い目にあった」
  • C)苦しい。つらい。しんどい。「歩きどおしでからだが―・い」

引用元:えらい【偉い/豪い】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

【偉ぶる】

1.偉そうに振る舞う。偉そうに見せる。「―・った態度」

引用元:えらぶる【偉ぶる】の意味 – 国語辞書 – goo辞書

つまり「偉そう」な状態とは「普通よりもすぐれていない」にも関わらずに、そのように振舞っている、態度に表れている状態ということになる。

  • 社会的な地位や身分が高くないのに、さも高いように振舞う、態度に表す。
  • 人間として立派で優れていないのに、さも優れているように振舞う、態度に表す。

こう表現すると、ただ事ではない事をしでかしてしまっているような印象が強くなるので、普段の生活に置き換えてみよう。

あなたの身のまわりにいる「偉そう」な人々は、三十路だから?

日常の会話では、もっと身近で広範囲に「偉そうな」「偉そうだ」という言葉が使われているのではないだろうか。

家庭で偉そうな人(一例)

  • 夫が妻に対して「俺が食わしてやっとるんだから、俺の言うことを100%聞け」という雰囲気を醸し出す。
  • 奥さんが夫に対して「家のことは私が全てやっているのよ、あなた自分の下着がどこに収納されているか知らないでしょ?」という雰囲気を醸し出す。

職場で偉そうな人(一例)

  • 全く畑違いの部署から異動してきて、その分野についての知識や経験が乏しい上司が、知識や経験が豊富な部下に対して上から見下したような目線で話をする。
  • 単に年齢が年上というだけで、横柄な態度で話しかけてくる。

地域で偉そうな人(一例)

  • 頼みもしないのに、他人の家庭のゴミをあさって「分別できてないじゃないのよ!」と怒る人。
  • みんな義理で出てきている行事なのに、さも自分が大活躍をした結果だと思い込んでいる役員さん。

「三十路だから偉そう」ということではなかった

若干、「偉そう」と「顰蹙」が混同しているような気もするが、ここではあまり深掘りをしないことにしよう。

いろいろな年齢層に当てはまることなので、「三十路だから偉そう」ということではない、ということだ。

三十路が「偉そうな人」と評価される理由

三十路が偉そうな人だと他人から評価されてしまう理由

家庭や職場、地域社会にいる「偉そう」な人々は、三十路になると同時に偉そうな人へ変貌してしまったのだろうか。

中にはそういう人もいるかもしれないが、普通に考えて、そういう例は少ないだろう。

一つ言えることは、その人が偉そうになるというよりも「あの人は今年、三十路になった」という理由で、平年よりも注目されるということだ。

注目されると、言葉の一つひとつ、行動の一つひとつが細かく他人から評価されるようになる。

まぁ、評価してる人の方が、よっぽど偉そうだと思うけれどね。

平年なら見過ごされるような些細なことでも、いちいち「良い・悪い」と言われる可能性があるわけだ。

それが「三十路は偉そうだ」と評価される理由の一つだろうと思われる。

三十路は偉そう?とんでもない!花の人生の幕開けだよ

三十路は偉そうな態度をとる人ではなかった

一般的に、20代は体力もあって元気だけれども、知識や経験が乏しい。

それが30代になると、まだまだ体力もあり元気はつらつオ○ナミンCで、しかも知識や経験が20代のころと比べて豊富になる。

つまり、自分に自信がつくということだ。

脂が乗って、家庭や職場、地域でも頼りにされる30代。

花の30代の幕開けとなるのが30歳ちょうどの三十路ということになる。

ただし、少々忙しくなるけれどね。

きしめん女子

まぁ!30代って、とてもキラキラしてるのね。あたし、三十路になるのが楽しみになってきたわぁ。


みそカツ男子

そうだねぇ、きしちゃん。キラキラするのはいいけれど、ギラギラしちゃあダメだよ。

「三十路は偉そう」と言われないために、シンプルだけど大切にしたい2つのこと

三十路になったら偉そうな人だといわれないよう、2つの実践項目を意識しましょう

三十路を皮切りに、より一層イキイキと躍動を始めるあなたは、いろいろな苦労はあっても、楽々乗り越えながら前進していくことだろう。

これまでに得た知識や経験を生かしながらも、新しいことにチャレンジできるあなたの姿はとてもたくましい。清々しささえも感じる。

ただし、あなたの頑張りと周りの評価は必ずしも一致しないということは心に留めておきたいところだ。

あなたが良かれと思ってしたことが、周りの人からすれば、とても迷惑だったりする。

また、あなたにとっては些細なことかもしれないが、相手からすればとても大きな協力をあなたにしてくれているかもしれない。

このことを無視して突っ走ってしまうと、三十路のあなたは途端に「偉そうな人」と思われかねない。

そこで、大切にしたいのは「ありがとう」と「ごめんなさい」という2つの言葉だ。

「ありがとう」と言えることはないかを探す

「ありがとう」と言われて、気分を害する人はいないだろう。皮肉で言っているのなら話は別だけどね。

誰が見ても明らかに「ありがとう」という場面はわかりやすいけれど、日常の些細なことは意外と見落としがち。

洗濯してくれてありがとう。

コピー用紙をさりげなく補充しておいてくれてありがとう。

あなたは「ありがとう」と言うたびに、自分の心が温かくなっていくのを実感するはず。

素直に「ごめんなさい」

素直に「ごめんなさい」と謝ることのできる人の心は、とても柔らかい。

そういう人は、いろいろなことをどんどん吸収して成長していくことができる。

人から指摘された時は勿論だけれども、常に「ひょっとしたら・・・」というアンテナを張っておくことが大切だ。

三十路を迎えるあなたが偉そうな人にならないためのまとめ

「ありがとう」と「ごめんなさい」という2つの言葉を忘れなければ、三十路になっても偉そうな人とは言われません

「ありがとう」と「ごめんなさい」という、小学校に上がる前の子供でも言える言葉が大人になるとなかなか言えなかったりする。

心理的に抵抗があるのだろう。

でも、このとてもシンプルな2つの言葉を口に出して言っていると、あなたの周りには協力してくれる人や助けてくれる人が、どんどん集まってくる。

疲れていて、そんな心境になれない時もあるだろう。口先だけで、全然気持ちがこもらない時もあるだろう。

周りのみんなは、そんなことも全部わかってあなたのことを見てくれているから全然大丈夫だ。

さぁ!花真っ盛りの三十路(さんじゅうのみち)へ、突入だぁ!

偉そうな奴だなんて、言わせないぞ!

きしめん女子

まぁ!素敵な話ねぇ。あたしも2つのことを心がけて、光り輝く三十路女子になるのよぉ。でも、あたし、先輩についていこうと思う・・か・・・しらぁ。。。。迷うわぁ。


みそカツ男子

え、ええぇ~!?


三十路は偉そうな態度に出る人ではなかった

テッテレー

最後まで読んでくれて、ありがとう。

読みづらいところがあったら、ごめんなさい。

この記事は【第1回:テッテレー企画】捜せ!盗まれた三十路の品格!という企画への参加記事です。

この企画に参加されている他のブログ記事

とても数多くの方が、この「テッテレー企画」に参加されています。すごいですねぇ、ビックリです。

一つひとつ、リンクを貼らせていただこうかなぁと思いましたが、なにしろ膨大な量なので、はてなブックマークへまとめました。

全てのサイトを網羅できていないかもしれませんが、是非ご覧下さい。

三十路 偉そうに関するmisoajigのはてなブックマーク